人気のふるさと納税をあなたも活用してみよう

婦人

課題を改善

田んぼ

現在の日本では、地方自治体の財政問題が課題なっています。不況が続く日本において、地方では仕事がなくなり、都市部に人口が流出しているという現象が起きています。そうなると、働き盛りの年代が流出した自治体では、人口が減少して税収が減ってしまいます。お年寄りだらけになってしまった状況では、社会福祉にお金がかかってしまうにも関わらず、その財源となる税収が減少してしまう一方になってしまうので、そのことが財政問題の原因になっていると考えられます。そのような状況を打開しようと始まったのがふるさと納税です。ふるさと納税は、収入に余裕のある個人が、財政難で困っている地方自治体へ寄付を行なうことで、その地方を助ける仕組みとして創設された制度です。この制度は、税金面で優遇されること、さらに、寄付をした地域からもらうことのできるお得なお礼品などが人気となって、大成功を納めています。成功を納めたふるさと納税の輪を企業にも広げようと、国は、企業版ふるさと納税の創設に向けた検討を行なっています。企業版ふるさと納税が実現すれば、多額の寄付金が期待できます。一度に多額の寄付金を受けることができるようになると、ますます地方自治体の財政難が改善へと向かうものになると考えられます。企業版ふるさと納税では、従来のふるさと納税では課題の多かった企業への特典の少なさを改善する工夫がみられます。これまでのふるさと納税は、税金面での優遇やお礼品などの特典をあまり感じることができないものになっていました。企業版ふるさと納税では、そのような点についても大幅に改善が進んでいます。